ハーフタレント急増中

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ここ数年の傾向として、芸能界に多くの「ハーフ」たちが参入してきましたね。
もともと日本は島国で、他諸国と比較すると混血とよばれる人が比較的少なかったような気がしますが、厚生労働省の調査によると、現在新生児の49人に1人は日本人と外国人の間に生まれる、いわゆる「ハーフ」なのだそうです。
私たちがテレビで「ハーフ」と呼ばれる人たちを目にすることが多くなってきたのも納得ですね。

実際モデルの世界では日本人よりもハーフモデルのほうが断然に多いようですし、それは恵まれた体格や容姿によるものが多いのかもしれません。
とはいっても、日本人向けの洋服や靴をハーフモデルたちが着るというのは実は一苦労なんだとか。
特に日本人の標準サイズの靴をハーフモデルの彼女たちが履くのは相当きついらしく、マメや傷が絶えずできてしまうそうです。
またバラエティ番組などでは毎日のようにハーフタレントをテレビを通してみている気がしますが、実はこの裏では大きなバトルが繰り広げられているようです。
例えばあるテレビ番組に10人のゲストが呼ばれるとしたら、その中のハーフタレント枠は1つと考えるようです。
その1つの枠を狙ってハーフタレントたちもいかに自分たちを起用してもらえるか争奪戦を繰り広げているのですね。
ところがそんな努力を横目に最近ではShellyやベッキー、ウエンツ瑛士などMCができるハーフタレントも増えてきました。
ハーフタレントがMCをすると番組によってはゲストにハーフ枠がなくなることもあるのだとか。
日本人よりも需要がありそうなハーフモデルやハーフタレントですが、芸能界でのポジションを掴むのはそう簡単なことじゃなさそうです。

個人的には、ハーフモデルの中ではトリンドル玲奈が一番好きです。
トリンドルがCMをしているミュゼはとても人気でなかなか予約がとれないそうですが、
「ミュゼの予約がとれない人必見」の裏技もあるので、こちらで予約してみましょう。